引越しサービス業界で一番勢いがある一括見積もりサービス

「引越し達人セレクト」見積もり

引っ越しの費用を抑える3つのこと

今回は引っ越し費用を抑える方法をいくつか紹介していこうと思います。
 

引っ越しの時期

よく知られているものとして、引っ越し費用を安く抑えるためには2月から3月の引っ越しが多い繁忙期が料金も高くなります。

他にも9月であれば人事異動の時期なので単身赴任によって引っ越しをする人が増えます。

なので、そこを避けて引っ越しの計画を組めるのが一番効果が大きくでます。
2倍以上になるなんて話も聞くので引っ越す時期を調整できるなら費用がどの程度違うのか見積もりを取るときに聞いてみるのがいいと思います。


ただ、引っ越しの時期はなかなか変えられないことも多いかと思います。
特に2月~3月、4月の週末ぐらいまでは大学の進学や就職によって新生活が始まるので、それまでに引っ越さなければならないという人も多いです。

 

引っ越しの荷物の量を減らす

次に費用を抑える方法としては『引っ越しの際の荷物を減らすこと』
引っ越し業者に頼むとき、まず聞かれたり実際に来て見積もりをしてもらう時に見られるのは荷物の量です。


引っ越し業者に来てもらって見積もりを出してもらう場合や、電話などで聞いてみた場合に一番聞かれるのは【荷物の量】です。

それによって作業員の数も変わりますし、トラックの大きさも変わるので料金に一番影響してくる部分です。

作業者一人のお給料を考えると1人1日1万円ほどは人件費がかかっているので、作業者一人が増えるとそのぶん引っ越し料金が高くなります。

断捨離などをして極限にまで荷物を減らした場合、宅配便を使って段ボール数個を送るだけで済めば 引っ越し業者に払う費用自体は安くなります。

ただ、引っ越し先で家具を買ったりする場合は、全体の支払いを考えて引っ越し費用としてどれが一番安くなるのかをご自身のケースに当てはめて考えるのが良いかと思います。
 


引っ越しの時間帯


引っ越しの時間帯をフリーにして引っ越し業者の都合がよく、自分も対応できる時間に合わせることで料金が安くなります。

これのもう一つ先の方法として【帰り便】があります。

例えば、大阪から東京に引っ越しをする人がいた場合、トラックは大阪で荷物を積み東京まで運び降ろします。

その後、東京から荷物が空の状態で帰るので、私がたちが東京から大阪や、どこか通る途中のところまで引っ越すのであればその帰りの便に乗せてもらうことで、引っ越し業者もうただ空っぽで帰るだけの所に売上が発生するので、料金を安く してくれます

毎日あるわけじゃないのですが繁忙期は逆に便数が多いのでちょうど要件がいいものがあればかなり安く引っ越し費用を抑えることができます。

引っ越し費用の単身や夫婦二人などの費用の参考価格はこちらの記事で紹介してます引越し 費用

© 2019 引越し 費用 rss